プロフィール

haniwa4646

Author:haniwa4646
14歳の娘サーちゃんと、12歳の息子タカに振り回されて毎日を過ごしています。
ハンドメイドが好きで、ソーイング、ビーズ、ニット小物・・・いろいろ作っています。
小さな編物教室も始めました。

よろしくお願いします。


☆おしらせ☆

コメントを承認制とさせていただくことにしました。
表示されるまでお時間がかかりますがご了承ください。

よろしくお願いします♪

カテゴリー


最近の記事+コメント


月別アーカイブ(タブ)


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク


東日本の大震災から2ヶ月以上が経って、我が家の住む場所は通常の生活を送っています。
なので今でもなお日本のどこかで辛い思いをしている人がいるってこと、忘れてしまいそう。
それじゃいけないって思い、ボランティアのマッチングサイトに登録してみました。

自分自身にも仕事もあるし、しなきゃいけないこともあるし。
子連れでボランティアに行くわけにも行かないし、物資の支援くらいならできるかな。
我が家も生活が楽な訳じゃないから、わざわざ買ってまで支援もなかなかできないけれど、家にあるものなら・・・・そんな少しのお手伝いですが。

第1号は積み木。
しまっていた物を出してきたら、子供たちが「どうしたの?」って。
「もう使わないから、津波で流されちゃったお友達に使ってもらおうと思って」と説明したのだけれど・・・・子供達にはピンと来なくて。
この積み木、ちょっと前に私が捨てようと思ったら、サーちゃんが「捨てないで」って泣いたんです。
子供にも思い出があるのでしょうね。

それから少しの間、子供たちと話をしました。
サーちゃんは宿題が終わってなくてバタバタしていたんだけど、それより大事な気がして。
私はすぐ感情的になっちゃうんだけど、パパがけっこう冷静に話してくれて。
幼稚園に行ったけど、何も遊ぶものがない。
そんなお友達のために、サーちゃんとタカにも力を貸して欲しいと。

積み木も箱の中で寝てるより、使ったもらえたほうが嬉しいもんね。



子供達、納得してくれました。

最後にタカが大作を作っていました。
知らぬ間に、こんなに立派な作品が作れるようになったんだなぁ~と、ちょっと成長を感じました。



スポンサーサイト

テーマ : 日々のつぶやき - ジャンル : 育児

コメント

子どものなりにきちんと理解してくれたんでしょうね。
ご飯を平気で残したり、物を大切にしなかったり・・・
そんな子にはなってほしくない。
物へのありがたみや感謝の気持ちをちゃんと持ってほしいですね。
うちにも眠っているおもちゃがたくさんあるから少しでも協力できたらな。

コメントありがとうございます

ひいらぎさんへ
口では被災地の人は大変だって分かっているんだけれど、いざ自分の物を分けてあげようってなると躊躇しちゃうみたいです。
今の日常が普通に流れているだけに、理解するには時間がかかるかなぁ・・・と思います。

ひいらぎさんのコメントにもあったけど、感謝の気持ちとか忘れずに大きくなって欲しいですね。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |